腕時計選びでその人が解る!?

アフターケアについて確認しておこう!

腕時計を買っただけで満足してはいけません。正規店に実際に行って、試着をしてから買うものなのですが、お金を払った瞬間が終わりではなく、そこから「時間を教えてくれる大切なパートナー」として、長い付き合いが始まる瞬間と言えます。 そこで、お店のアフターケアについて事前に色々と確認しておきましょう。

電池交換の費用は?

意外と見落としがちな点がこれです。クォーツ式(電池式)の腕時計の場合、いずれ電池交換が必要になってきます。おおよその相場は1000円~3000円ですが、最近では大型電器店でも電池交換をやってくれるサービスがあります。

しかし、出来れば購入したお店か、お住いのエリアの馴染みの時計屋さんにお願いした方が良いでしょう。というのも、大型電器店の電池交換に関しては、ちょっとした苦情が多く聞かれるためです。

いちおう、メーカー別の料金表が貼り出されているのですが、「これは防水機能がないのであと600円必要ですね~」のように、何かと理由をつけて値段を釣り上げることがあります。 もちろんすべての大型電器店の店員さんに当てはまるとは思えませんが、そのような苦情が少し多く聞かれるのが残念です。

腕時計を購入したお店で、購入前に「電池交換はいくらですか?」と聞いておきましょう。またいくつかの時計屋さんに連絡を取って、その中から最も安くやってくれるお店を探す方法もアリです。

ベルト調整のサービスは?

意外と重要なのがこれです。人間、長く生きていれば太ることも痩せることもあります。一定の体重の増減に対応できるよう、ベルトには穴がいくつか開けられているのですが、それでもベルトを調整する必要が全くないとは言い切れません。

一般的に、ベルトを短くするのは無料が多いですが、長くするのは有料であると考えてください。また気分を変えるためにも、ベルトの交換サービスの有無も一緒に確認しておけば良いでしょう。もちろん、ベルトを長くする場合の料金も事前に確認しておけば安心です。

壊れた時は?

店側は、自分たちが販売している時計が壊れても保証期間を過ぎていれば原則として責任を取りません。よほどの落ち度がない限り、あるいは店の落ち度をこちらが証明できない限り、店は知らんぷりを決め込むだけです。

したがって壊れた場合は店に問い合わせるべきか、あるいはメーカーに直接問い合わせるべきか、そして保証期間についても確認しておきましょう。

家電製品でも、大手メーカー品は多少お高めではありますがアフターサービスがしっかりしています。それに対していわゆるジェネリック家電メーカーと言われるような中小メーカーの製品は、価格は安くても壊れやすかったり、故障時の対応に不安があったりする場合が多いものです。

ジェネリック品で安心して使えるのは医薬品だけで、それは正規品と同じ成分を使わない限り認可されないからです。もうすぐあのバイアグラのジェネリック品も市場に出てくるそうですが、効き目に問題はないはずです。公的に性能の保証がある医薬品とは異なり、時計や家電品に品質やアフターサービスを求めるなら多少高くてもジェネリックではない、名の通ったメーカーのものを購入するのが無難です。

いかがでしょうか?上記のことを確認せずに購入すると、何かあった時に困るのはあなた自身です。冒頭で述べたとおり、腕時計はあなたのパートナーであるため、何かあった時のことを考えて購入前に確認することが大切でしょう。