腕時計選びでその人が解る!?

ビジネスシーンに合った腕時計を選ぼう!

ビジネスパーソンとして、ビシッとスーツを着こなすのはカッコいいものです。しかしビジネスシーンに合っていない腕時計をしていれば、それだけで全体の印象が崩れてしまいます。「それはプライベート向きの腕時計では…?」というものを身に付けている人も少なくありません。

これは大人の男性として放置できることではないでしょう。腕時計1つで大きくその人の印象も変わるため、ビジネスパーソンとして恥ずかしくない選び方を知ってください。

こんな腕時計はNG

やはりプライベート向きの腕時計はNGです。たとえばG-SHOCKなどは良い例でしょう。G-SHOCKが時計としてダメというわけではありませんが、ビジネスシーンには不向きです。またスポーツタイプのもの、デザイン性に富んでいるものも避けた方が良いと思います。

さらにベルトや靴の色とのバランスを考えるようにしましょう。「すべて黒」などでは調和に欠けるため、靴は黒、ベルトは茶、腕時計はシルバーのように少しずつ変えておけば良いと思います。

またデジタル式はやめてください。子供っぽく感じられるほか、やはりプライベート向きと言えるためです。2針、あるいは3針で文字盤は白を基調としたものがオススメです。

革ベルトタイプとブレスタイプの両方を持つ

「2本目はどんな時計にしよう?」と悩んでいる場合、1本目が革ベルトタイプなら2本目はブレスタイプにする方法もあります。

ガラッと印象が変わるため、衣替えの季節で使い分ければ楽しみが増えるためです。また新しい洋服に袖を通すと気分も一新します。それと同じように、時計のベルトを変えるだけでも気分が変わり、仕事へのモチベーションへとつながると考えておきましょう。

新人君に教えてあげよう!

職場で新人が入ってきたとき、たいていはスーツ屋さんで時計も買わされるため、ビジネスシーンとして無難な腕時計を身に付けているでしょう。

しかし中には、学生時代に愛用していた時計をそのまま身に付けている場合もあります。そのような新人君がいれば、ぜひビジネスパーソンにとって腕時計がいかに重要であるかを教えてあげましょう。頭ごなしに言っても無駄だと思うので、「次の給料で、安いもので良いから一本買っておきなさい」と言っておけば良いと思います。

いかがでしょうか?腕時計は、ビジネスシーンで非常に重要な役割を果たします。しかし金属アレルギーをお持ちの方もいるはずです。そのような方は、ベルトタイプでチタン製の商品を買うと良いでしょう。

以前のチタン製は非常に高価でしたが、加工技術が進んだ今ではかなり安価で買える商品も出ています。一度、金属アレルギーテストを受ける必要はありますが、いちいち携帯を取り出して確認するぐらいなら、金属アレルギーの方でも安心して付けられるものを1つ買っておきましょう!