腕時計選びでその人が解る!?

コレクションの難しさ

ご紹介してきたとおり、腕時計コレクションはとても楽しいものです。しかし、コレクションを楽しむ上で、さまざまな問題を抱えてしまうこともあります。これらの問題を無視して、コレクションを楽しむことはできないでしょう。ここでは、本格的なコレクションをスタートする前に、知っておきたいコレクションの難しさや問題点をご紹介して行きたいと思います。

偽物に注意

有名メーカーや高級ブランドの腕時計に常に付きまとう問題といえば、やはり偽物の存在でしょう。海外の露天などを覗いてみれば、ロレックスやオメガなどの偽物が多く販売されています。また、最近ではネットでも偽物を取り扱っているショップが存在しており、市場に多く出回っています。

実際に筆者も、偽物をつかまされてしまったことがあります。本格的な質屋などではなく、小さな個人経営のリサイクルショップの場合、真贋の鑑定をすることができず、偽物を本物として販売してしまうことも少なくありません。昔の偽物は精度が低く、素人でもある程度見極めることができましたが、最近の偽物の中には、本物と同様のパーツを仕入れて組み上げているものも存在し、プロでも外観だけでは判断することが難しいものも存在します。

このような偽物を掴まされないためにも、高級時計を購入する場合は正規販売店や信頼することのできる大手中古販売店を利用するようにすべきでしょう。

メンテナンスの問題

人間にも定期的な検査や治療が必要となります。元気だと思っていても、突然病気にかかってしまうこともあるでしょう。ジェネリック医薬品の治療薬などの登場によって、治療費を押さえることはできるようになりましたが、自分の意思でしっかりとした体のメンテナンスをする必要があります。

これは腕時計の場合も同様です。コレクションが増えてくると、定期的なオーバーホールの費用もバカになりません。どんな高級時計であっても、数年に一度はメーカーやしっかりとした技術を持った時計店などでオーバーホールをする必要があります。その費用は安くても、1万円から2万円はかかります。複雑な機構を持つ時計の場合はオーバーホールだけで10万円以上の費用が必要となることもあります。購入する際の価格だけではなく、後の維持費もしっかりと考えてコレクションするようにすべきでしょう。

腕時計コレクションはとても楽しいものです。しかしその反面このような問題を抱えることにもなります。しかし、これらの点も含めて楽しむことができるようになれば、上級コレクターに一歩近づくことができるのではないでしょうか。