腕時計選びでその人が解る!?

超高級時計を身に着ける人の経済力

高級時計といえば、どのようなブランドのものをイメージするでしょうか?ほとんどの人がオメガやロレックスをイメージするかと思います。しかし、時計としての価値やメーカーの技術力を無視して、価格帯だけで判断するとこれらのブランドの腕時計は決して高価なものではありません。それ以上の価格帯に位置する、超高級腕時計を身に着ける人とはどのような人なのでしょうか?

経済力を測る!超高級腕時計の世界

パテックフィリップAランゲアンドゾーネウブロやなどの超高級ブランド腕時計を身に着けている人を見たら、間違いなく高い経済力を持った人であると判断して良いでしょう。
腕時計などの装飾品に使うことのできる金額は、そのままその人の経済力を示してくれます。一般的な収入のサラリーマンであっても、ちょっと背伸びすればロレックスやオメガを購入することはできます。しかし、数千万円から数億円に達することもある超高級時計となると、本当のセレブ以外は身に着けることはできないでしょう。

価値観の違い

また、腕時計に対してそれだけの価値を見出すことができる人ですので、価値観も一般的な人とは大きく異なっています。特に、腕時計という趣味性の高いものにそれだけのお金を使うことのできる人は、やはり人間としても魅力的で、懐の深い人物である傾向が強くなります。

このクラスの時計になると、普通人にとっては「家」クラスの資産を身につけながら歩いていることになります。尋常な感覚ではひったくりや置き忘れなどが心配でストレスにすらなりかねませんが、彼らはそんな事を意に介することはありません。全体の資産規模が大きいせいもあるのでしょうが、周囲にいる人々も含めて価値観が一般人とは次元が違うのです。だからこそ鷹揚に人生を楽しむことができるのでしょう。

よほどのセレブでもないかぎり、身の周りにこのような超高級腕時計を使用している人がいることはほとんどないでしょう。 しかし、もしも遭遇したらその人は実は資産家なのかもしれません。さりげなくお近づきになっておいて損はないかもしれません。