腕時計選びでその人が解る!?

機能重視の腕時計でも判断材料に

持ち主のセンスや人柄、性格などの判断材料となるのは、趣味性の高い機械式腕時計だけではありません。機能重視のクォーツ式腕時計にもさまざまなものが存在していますので、そのチョイスによってその人の一面を垣間見ることができます。

ここでは、そのポイントをご紹介しましょう。

機能性抜群!多機能腕時計

クォーツ式腕時計にはさまざまな機能を搭載したものが存在しています。登山やマリンスポーツを楽しむ人の間ではおなじみのスントなどがその代表でしょう。気圧から高度や水深などを計算する機能や、気温や水温、そしてデジタルコンパスによって方角を表示する、といった機能を持ち合わせたものまで登場しています。

かつて、エベレストに初登頂したエドモンドヒラリーや、初の単独無酸素登頂に成功したラインホルトメスナーの偉業達成時には、ロレックスが使用されたと言われます。長い間にわたり、素潜りの世界記録を保持し続けていたジャックマイヨールは、オメガのシーマスターを愛用していたとされています。

しかし、現在では山でも海でも、主力となるのはコンピューター的な役割を果たしてくれるスントなどが主流となっています。このような腕時計をチョイスする人は、アクティブな行動派が多いのかもしれません。

とにかくタフに!そしてファッション性も抜群

かつて、世界的に大ブームを巻き起こし、現在も人気腕時計の一つとなっているのがカシオのGショックです。高さ10mの高さから落としても壊れない、アイスホッケーのパック代わりに使っても壊れない、といったさまざまな逸話を持ったタフネス時計の代表です。

デザインも豊富なことから、ファッションアイテムとしても活躍してくれます。このようなタイプの腕時計をチョイスする人の多くは、機能と同時にファッション性も重視するバランス感覚に優れた人と言えるかもしれません。

このように、趣味性の低いクォーツ時計であっても、その選択に注目することによって、その人を知るための材料とすることができます。機械式時計でないから、と無視するのではなくしっかりとチェックしましょう。