腕時計選びでその人が解る!?

はじめての舶来時計~オメガ・シーマスタークォーツ

当サイトでは腕時計に関するさまざまなお話をしてきました。では、こんなことを偉そうに語っている筆者はどんな腕時計を使っているのか…少し気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

筆者は、10代の頃からその魅力に魅せられてしまい、数えきれないほどの腕時計と出会ってきました。 ここでは、その中でも特に思い入れの強いものについてお話ししたいと思います。

まず、最初にご紹介するのは、はじめて手にした舶来時計。オメガ・シーマスタークォーツについてです。

バイトで貯めた20万円で

筆者が舶来時計をはじめて手にしたのは大学生の頃でした。あまりにも欲しい時計の候補が多すぎたことから、具体的に何を買うのかも決めずに、とにかく「一本、良い腕時計を買おう」とアルバイトでその資金を貯めていました。

上を見ればキリがありませんので、貯金額が20万円になった時に、口座からその全額を引き出して、少し離れたところにある高級時計専門店まで新幹線で行きました。

具体的に買うものを決めていたわけではありませんが、予算が20万円ですので、新品だとロレックスには少し手が届きません。そこで、オメガかタグホイヤーのどちらかにしよう、という目星はつけていました。

当時、セイコーが上位モデルでまたオートマチックのものを発表していましたし、シチズンもグランドコンプリケーションというとても魅力的なモデルを発売していましたので、国産時計にも惹かれてはいました。 ですが、セイコーやシチズン、オリエントなどはすでに数本所有していましたので、舶来時計に目当てを絞っていました。

どうしてクォーツを選んだのか?

結局、時計店で散々悩んだ挙句に、筆者が選んだのはオメガのシーマスターのクォーツモデルでした。 オメガに限った話ではありませんが、高級時計と言えば、ほとんどの方が機械式をイメージするかと思います。 実際に、そのお店には十分に予算内で買うことのできる機械式のオメガも揃っていました。

それでも、どうして筆者がクォーツを選んだのか…。 当時大学生だった筆者は、海外ブランドのオーバーホール費用を定期的に捻出することができる自信がなかったのです。

国内ブランドのものであれば、正規のオーバーホールに出しても1万円程度で済みますが、海外ブランドのものを正規でオーバーホールすると5万円以上になってしまうことも珍しくありません。

せっかく買っても維持できなければ意味がない…そう考えて、機械式を諦めて、クォーツにしてしまいました。

今考えてみると、バイアグラにも安価なジェネリック医薬品があるのと同じように、格安で正規と同等のオーバーホールを受けることのできる時計工房なども少なくありません。しかし、当時はそういった知識も一切持ち合わせていませんでした。

もちろん、後でかなり後悔しました。せっかく憧れのオメガを手にすることができたのに、少しモヤモヤした気持ちで帰りの新幹線に乗りました。

ですが、結局この時計に出会ったお蔭でクォーツならではの良さをいくつも知りました。巻き忘れで止まってしまうこともありませんし、いつでも正確に時を刻んでくれます。 腕時計の数が多くなってくると、いつでも動いているクォーツはとてもありがたい存在です。 忙しい朝に、ぱっと手に取ってもすぐに時間を確認することができるクォーツ腕時計は本当に頼りになる存在です。

買った直後は少し不満でしたが、この一本は買ってから10年以上が経った今でも高頻度で大活躍してくれています。