腕時計選びでその人が解る!?

パーソナルカラー診断で自分に合った色を見つける

パーソナルカラーとは、その人の肌の色、唇の色、髪の毛の色、瞳の色、頬の色など、その人が全体的に持つ色の特性のことです。それを認識していれば、アクセサリーや服の色を自分にマッチさせることが比較的簡単にできてしまいます。

このパーソナルカラーを知っていれば、「自分には何色が似合う」と分かります。もちろん腕時計選びの参考にすることも可能でしょう。腕時計は色で大きく印象が変わります。あなたのパーソナルカラーに合わせて、「自分に合う腕時計の色は?」を見つけてみましょう。

自分のパーソナルカラーを知る

なんてことはありません。ネット上で「パーソナルカラー診断 無料」と検索すれば、専門家が監修したサイトも多くヒットします。いくつかの質問に答えていくだけで知ることが出来るため、ぜひ利用しておきましょう。 所要時間は5分ほどです。

なぜパーソナルカラーが大事なのか?

同じ赤色でも、環境によって色は変化します。たとえば白の中に赤がある場合、赤色は非常に鮮やかで明るく見えます。しかし黒の中に赤がある場合、今度は一転してくすんだ赤色になり、見た目の印象も暗くなるでしょう。

このように、全く同じ色でも周りの環境、つまりパーソナルカラーによって見え方は大きく変わります。

皆さんも経験があると思いますが、「○○色が似合う人」がおられます。また「オレに○○色は似合わない」という印象を持っている方も多いはずです。

それは、自分のパーソナルカラーを無意識に認識しており、それを感覚として感じ取っているためです。つまりそのパーソナルカラーを、診断という形でちゃんと理解して、「自分によく合う色」を見つける方法が有効です。

小物選びにも応用できる

パーソナルカラーを活用して、もちろん腕時計だけではなく、身に付けるファッションや小物にも応用することが出来ます。

たとえば仕事が出来る印象のあるビジネスパーソンは、スーツの内ポケットに忍ばせているペン1つにも気を配っています。そこにもパーソナルカラーを利用して、「自分に合った色のペン」を選んでおきましょう(インクの色ではなく、デザインとしての色です)。

ビジネス用のバッグでも応用できるでしょう。ブラック系にするのか、あるいはブラウン系か、これもパーソナルカラーを知っていれば選びやすいと言えます。

いかがでしょうか?ネット上で簡単に知ることが出来るパーソナルカラーですが、周りから見て「おっ、似合っているね~」と自然に思ってもらえるような色選びが可能となります。 誰でも簡単にできる方法なので、ぜひ今すぐにでも自分のパーソナルカラーを見つけてみましょう。