腕時計選びでその人が解る!?

残念な腕時計選び

腕時計のチョイスから、ちょっと残念な人を見分けることもできてしまいます。最近では携帯電話などでも時間を確認することができますので、腕時計はより趣味性の高いものとなってきています。これを機会に、自分の腕時計選びが残念なものになっていないか、チェックしてみてはいかがでしょう?

最大の禁じ手・偽ブランド品

ロレックスやオメガ、ブルガリといった人気ブランドの腕時計には多くの偽物も存在しています。ロゴをもじったジョーク品であれば、まだ笑って済ますことができますが、ロゴまで完全に同じものは法的にも許されません。ネットを利用すれば、簡単にこのような偽ブランド腕時計を購入することができますので、使用者も多くなっています。

しかし、このような偽物を着用している人は、あまり信用することができないのではないでしょうか?偽物の精度もかなり高くなったとはいえ、見る人が見れば一目でバレてしまいます。そのような腕時計を着用するのは、あまり良い趣味であるとはいえません。

トータルバランスが取れていない

高級ブランドの宝飾系腕時計は、Tシャツ・ジーンズには似合いません。逆に高級なスーツスタイルに、Gショックはあまりに合わないでしょう。

腕時計もファッションアイテムの一つであると考えたとき、トータルで考えることができなければ、バランス感覚のとれない人である可能性が高くなります。ですので、腕時計だけに注視するのではなく、全身のバランスも重視してチェックするようにしましょう。

また、出かける場所やシチュエーションにふさわしくない腕時計をチョイスするのも、とても残念な結果に。例えば、せっかく奮発して高級レストランに行くのに、いくら気に入っているからといってカラフルでポップなデザイナーウォッチをつけていくのは感心しません。腕時計は小さなアイテムではありますが、そのもたらすアクセントはとても強力です。どのシチュエーションでどの時計を合わせるかは慎重に選んで下さい。

このようなポイントに注意すれば、人柄や性格を判断することができるのみでなく、自分の腕時計選びの際の参考にもなるのではないでしょうか? これを応用すれば、腕時計選びによって相手との相性も知ることができるかもしれません。 さりげなく腕時計をチェックするだけでも、多くのことを知ることができます。是非、応用してみましょう。