腕時計選びでその人が解る!?

格安腕時計は買っても大丈夫?

近年ではネットを利用することによって、店頭で販売されているもの安く購入できるケースも多くなっています。ネット専門のショップの場合、店舗の維持費や、店頭用在庫の確保などのコストを削減できることから、より格安での販売が可能となります。それが価格にも反映されているのです。

腕時計の世界も決して例外ではありませんので、ネットショップを頻繁にチェックしているという方も多いのではないでしょうか? こうしてネットショップをチェックしていると、時々市場価格よりもかなり低い価格で有名ブランドの腕時計が販売されているのを見かけることがあるでしょう。こういった腕時計を購入しても問題ないのでしょうか?

ここでは、格安販売されている腕時計について考えてみましょう。

そもそも格安腕時計は本物なの?

まず、格安腕時計に対して最初に抱く疑いと言えば、「偽物なのでは?」という点でしょう。確かに有名ブランドの腕時計ともなれば偽物も少なくありません。 しかし、ネットショップで偽物が出回っていることはあまりありません。国内のショップであれば偽物に遭遇してしまう可能性はほとんどないと言ってもいいでしょう。しっかりとショップの所在地を明記しており、発送も国内となっている場合は、偽物を取り扱うことは基本的にはありません。

もちろん、ネットオークションや海外発送となっているショップの場合はフェイク品であるケースも少なくありませんので注意が必要ですが、国内のショップは偽物の疑いを持たれるとすぐに通報され、操作が入ってしまいます。そのため、まともなショップであれば偽物を取り扱うことはありません。

本物なら格安でも大丈夫?

では、本物なら格安でも大丈夫なのでしょうか?一概にそうとも言えません。海外ブランドの格安腕時計のほとんどは並行輸入品と呼ばれるもので、正規代理店を経由せずに輸入されたものです。 もちろん本物ですので、正規輸入品と大きく品質が異なることはありません。しかし、サポート面で不利になってしまうこともありますので注意しましょう。

ブライトリングなどの一部のブランドは、正規輸入品でなければサポートが受けられないケースがあるのです。もちろん、メーカー保証も受けられませんので初期不良などの対応はショップ次第です。 ショップによっては並行輸入品に関しては一切のサポートをしない、となっているケースもありますので、それなりの覚悟が必要です。

どんなに有名な高級ブランドの腕時計であっても工業製品ですので、絶対にトラブルがないとは言えません。購入してすぐに不具合が出てしまうこともあるでしょう。そこでサポートを受けることができなければ、腕時計として使い続けることはできません。修理するとなれば、高額な費用を負担しなければならないこともあります。これではいくら安く購入できたとしても意味がありません。

このように、格安の腕時計であっても偽物である可能性は低くなっています。しかし、本物だからと言って、まったく問題がないわけでもありません。安いものには必ず理由がある…そう考えて慎重になる必要はあるでしょう。 しかし、販売店によっては正規価格の半額以下で販売されているケースもありますので、デメリットも頭に入れた上で後悔のないように利用しましょう。