腕時計選びでその人が解る!?

中古腕時計ってどうなの?

予算に十分に余裕があるのであれば、やはり新品の腕時計を購入したいものです。しかし、高級ブランドのものになると、新品は非常に高価ですのでなかなか手が出せない、という方も多いでしょう。 そんな時に心強い味方となってくれるのが中古腕時計です。

しかし、中古腕時計を購入するのはちょっと不安、という方も多いかもしれません。そこで、ここでは中古腕時計について考えてみましょう。

中古での購入を避けたいモデル

まずはできるだけ中古での購入を避けたいモデルについてご紹介してみたいと思います。最初に挙げられるのが、デジタル時計です。近年ではデジタル時計もスタンダードなものとなっており、高価なものも少なくありません。そのため、中古での購入を考えているという方も多いでしょう。

しかし、デジタル時計の場合、液晶の寿命の関係でそれほど長く持つものではありません。モデルによっては10年も経たずに液晶が薄くなり、使いものにならなくなってしまいます。また、液晶の交換ができるものであれば問題ありませんが、古いモデルになるとメーカーにもパーツの在庫がなく、修理不能となってしまうこともあります。そのため、できるだけデジタル時計の中古は避けるようにすべきでしょう。

また、特殊な機構のモデルも避けるべきです。クオーツ腕時計が普及する以前にはモーターでゼンマイを巻くものなど、かなり特殊な機構のものも少なくありませんでした。特にアメリカで誕生したハミルトンやブローバなどにはこういった、少し変わった機構のものが多い傾向にありますので、注意しましょう。こういったモデルは故障してしまうと修理が困難なケースがほとんどです。また、一般の時計店などではオーバーホールさえも困難です。

メンテナンス性の良い有名ブランドの機械式時計なら中古でも問題なし!

逆に中古で購入してもあまり問題がないのが、ロレックスやオメガといった定番ブランドのスタンダードな機械式時計です。 これらの腕時計は人気が高いことからパーツも豊富ですのでメンテナンス性は抜群です。なので、オーバーホールや、万が一の故障の際にもすぐに対応できるでしょう。 また、ベルトなどの消耗パーツも豊富ですので実用品として使い続けられるという点も嬉しいポイントです。

もちろん、機械式時計ですので定期的なオーバーホールは必要となりますが、これは新品で購入したとしても同じことです。逆に言えば、定期的にオーバーホールさえすれば、いつまでも使い続けることができるということを意味します。 専門店などのしっかりとしたお店であれば、店頭に並べられる前にしっかりとメンテナンスもされていますし、期間が短いですが保証をつけてくれるお店も少なくありません。なので、新品と同じような感覚で使用できることでしょう。

もちろん、有名ブランドであれば中古品であってもメーカーサポートを受けることも可能です。この点も安心できるポイントと言えるでしょう。

このように、同じ中古品であっても、問題が起こる可能性の高いモデルもあれば、問題なく使用できるものも少なくありません。ここでご紹介したポイントを頭に入れた上で、中古腕時計探しをしてみてはいかがでしょうか?