腕時計選びでその人が解る!?

たかが腕時計、されど腕時計

時間を知るための道具としてしか腕時計をとらえていないのであれば、それは少し損をしています。多くの種類のものが存在していますので、その選び方からさまざまな情報を得ることができます。
たとえば、ビジネスシーンで100均の腕時計をしている人と、スーツスタイルにフィットするシンプルなロレックスをしている人がいた場合、どちらの方が信頼できる人に見えるでしょうか?言うまでもなくロレックスをしている人であるはずです。
また、Tシャツにジーンズなのに、ゴールドなどの素材を使った超高級腕時計をしている人を見たら、ちょっとセンスの悪い人に見えてしまうかもしれません。このように、腕時計からは人を判断することもあるはずです。

腕時計選びで評価アップを狙う

社会人になれば、まともな腕時計をするのが当たり前と言われることもあります。それだけ腕時計はその人を評価する材料ともなるでしょう。
若いサラリーマンの中には、スーツスタイルにGショックなどのカジュアルな腕時計を着用している人もいますが、ある程度の年齢になれば、それなりの腕時計をしていないと軽く見られたり、常識のない人であると思われたりすることもあります。
逆に良い腕時計を一本もっていれば、自分自身の評価を高めることもできます。シンプルなスポーツタイプのロレックスなどであれば、スーツスタイルにもカジュアルなスタイルにもフィットします。周囲からセンスの良い人、という評価を得られるだけでなく、デキる男を演出することもできるでしょう。

このように、腕時計を使って周囲の人から評価を得たり、自分自身の評判を上げたりすることもできます。シンプルなようで意外に奥深い腕時計の世界へ足を踏み入れてみましょう。きっとさまざまな発見があるはずです。