腕時計選びでその人が解る!?

ブランド時計は大きく分けて2種類

一言で腕時計といっても、その種類はさまざまです。そして、価格帯も当然異なってきます。腕時計好きな人であれば、一本は高額なブランド品が欲しいと考えているのではないでしょうか?

有名ブランドの腕時計は、ただ持っているだけでも所有欲を満たすことができます。そして、知名度の高いブランドであれば、所有することがステータスにもなるでしょう。 このような高級ブランド腕時計の魅力をご紹介します。

高級ブランドは大きく分けて2種類

一口に高級ブランド腕時計とはいっても、一般的にイメージされるものだけで、かなりの種類になります。まず、大きく分けて2種類のブランド時計が存在することを把握しておきましょう。

定番のロレックスやオメガ、パネライなどは本格時計ブランドに分類されます。全体のデザインから内部のムーブメントまで、自社で一貫して製造することが可能なブランドがここに分類されるでしょう。

もう一つがブルガリやシャネル、カルティエなどの専門メーカーではないブランドの腕時計です。これらの多くは、内部のムーブメントはETAなどの汎用品を使用していることがほとんどです。中には製造を丸ごと時計メーカーに依頼しているケースもあるようです。 この2種類が存在することをまずは知りましょう。

どちらが優れているのか

この2種類のどちらが優れているのかは、一概には判断することはできません。しかし、多くの時計マニアは本格時計ブランドを支持する傾向にあるようです。

すべてを自社内で一貫して製造することのできるマニュファクチュールの作る腕時計は、そのブランドならではの特殊な機構を備えているなど、個性的なものが多くなります。これがマニア心をくすぐります。

しかし、ロレックスやオメガならともかく、パネライやブレゲ、ゼニスなどになると一般的な知名度はイマイチですので、ステータス性を求めることは難しくなるでしょう。

一方、ブルガリやシャネル、カルティエなどのブランドの場合、知名度も高くなりますので、高いステータス性を求めることができます。また、デザインも秀逸なものが多くなりますので、アクセサリーとしての腕時計を求めるのであれば、こちらの方が魅力的です。 カルティエやブルガリは、ムーブメントの設計にも着手しはじめていますので、これから先、本格腕時計の世界に進出する可能性も秘めています。

このように、ブランド腕時計であってもジャンル分けをすることができます。どちらの方が優れている、というわけではありませんが、大きな違いがありますので、購入前にはしっかりとチェックしておきましょう。

高級ブランド腕時計はとても魅力的なものです。一本手に入れて、自分を磨いてみてはいかがでしょう?